和歌山大学 システム工学部
Vision and Robotics Laboratory

  トップページ

  研究内容

  研究成果

  研究機材

  論文・発表

  スタッフ

  研究とは



  Private










論文・発表

■学術論文    
■国際会議    
■国内会議    
■研究報告    
■その他



いずれも新しいものから順に表示しています.
最終更新: 2015/8/24




■学術論文

トップへ
  1. 和田俊和,尾崎晋作,前田俊二,渋谷久恵(日立), Gaussian Process Regressionに基づく時系列データの異常モニタリング, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J96-D, No.12, pp.3068-3078, (Dec.2013).

  2. 大池 洋史,岡 藍子,和田 俊和. 劣化に対して頑健な画像間相違度. 画像ラボ Vol.23, No.7,pp.29-36,(July.2012).

  3. 太田貴大,和田俊和,中村恭之. 模倣による識別器の高速化. 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J94-D, No.7, pp.1071-1078, (July. 2011).

  4. 和田俊和. 高次元空間における近似最近傍探索技術の進歩とその展望. 人工知能学会誌 Vol.25 No.6, pp.761-768, (Nov. 2010).

  5. Yusuke Matsumoto, Toshikazu Wada, Shuichi Nishio, Takehiro Miyashita and Norihiro Hagita,. Scalable and robust multi-people head tracking by combining distributed multiple sensors. Intelligent Service Robotics Volume 3, Number 1, 29-36, (Jan. 2010).

  6. 佐野友祐, 呉海元, 和田俊和, 陳謙. SIFT特徴量の拡張と対称性平面物体検出への応用. 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J92-D No.8, pp. 1176-1185, Aug. 2009

  7. 岡 藍子, 和田俊和. Mahalanobis距離最小化による高次元線形写像計算法:M3. 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J92-D No.8, pp. 1094-1103, Aug. 2009

  8. 大池洋史, 呉海元, 和田俊和. 背景に応じた非ターゲットクラスタ中心の配置法 -K-means tracker の安定化と高速化. 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J91-D No.9, pp. 2418-2421, Sep. 2008

  9. 大池洋史, 呉海元, 華春生, 和田俊和. 高速追従型2眼能動カメラシステム. 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J91-D No.5, pp. 1393-1405, May 2008

  10. Chunsheng Hua, Qian Chen, Haiyuan Wu, and Toshikazu Wada. RK-means Clustering: K-means with Reliability. Journal of the Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE), Vol. E91-D, No. 1, pp. 96--104, (2008).
  11. 大池洋史, 呉海元, 華春生, 和田俊和. 高速追従型能動カメラシステム. システム制御情報学会論文誌, Vol. 20, No. 3, pp. 114--121, (2007).

  12. Chunsheng Hua, Haiyuan Wu, Qian Chen, and Toshikazu Wada. Object Tracking with Target and Background Samples. Journal of the Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE), Vol. E90-D, No. 4, pp. 766--774, (2007).

  13. 野口真身, 加藤丈和. マーカの軌跡を用いた非同期カメラの幾何学的・時間的キャリブレーション. 情報処理学会論文誌:コンピュータビジョンとイメージメディア, Vol. 47, No. SIG 5(CVIM13), pp. 59--68, (2006).

  14. Chunsheng Hua, Haiyuan Wu, Qian Chen, and Toshikazu Wada. K-means tracker: A General Algorithm for Tracking People. Journal of Multimedia, Vol. 1 Issue.4, pp. 46--53, (2006).

  15. 柴田智行, 加藤丈和, 和田俊和. K-D Decision Tree とその応用 -最近傍識別器の高速化と省メモリ化. 電子情報通信学会論文誌 D-II 画像の認識・理解特集号, pp. 1367--1377, (2005).

  16. 中村恭之, 加藤丈和, 和田俊和. 非線形写像学習のためのPaLM-treeの提案. 日本ロボット学会誌, Vol. 23, No. 6, pp. 732--742, (2005).

  17. Haiyuan WU, Qian Chen, and Toshikazu Wada. Visual Direction Estimation from a Monocular Image. Journal of The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, Vol. E88-D, No. No.10, pp. 2277--2285, (2005).

  18. Chunsheng Hua, Haiyuan Wu, Toshikazu Wada, and Qian Chen. K-means tracking with variable ellipse model. Information Processing Society of Japan, (CVIM12), (2005).

  19. 加藤丈和, 和田俊和. 最近傍識別による背景差分と色検出の統合 --事例に基く情報統合--. 情報処理学会論文誌:コンピュータビジョンとイメージメディア, Vol. 45, No. SIG 13(CVIM10), pp. 110--117, (2004).

  20. 呉海元, 和田俊和, 陳謙. ロボットのボディを利用したカメラキャリブレーション. 情報処理学会CVIM論文誌, Vol. Vol.44, No. No.SIG 17(CVIM8), pp. 61--69, (2003).




■国際会議

トップへ
  1. Shota Ishisikawa, Haiyuan Wu, Chongke Bi, Qian Chen, Hirokazu Taki, Kenji Ono. Fluid Data Compression and ROI Detection Using Run Length Method. 18th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems(KES2014), (Sep.2014).

  2. Mineyuki Tsuda, Yankun Lang, Haiyuan Wu. Analysis and Identification of the EEG Signals from Visual Stimulation. 18th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems(KES2014), (Sep.2014).

  3. Takayuki Fukui, Toshikazu Wada, Commonality Preserving Image-Set Clustering based on Diverse Density, 10th International Symposium on Visual Computing(ISVC'14), (Dec.2014).

  4. Takayuki Fukui, Toshikazu Wada, Commonality Preserving Multiple Instance Clustering Based On Diverse Density, The 1st International Workshop on Feature and Similarity Learning for Computer Vision (FSLCV 2014), (Nov.2014).

  5. Shota Ishisikawa, Haiyuan Wu, Chongke Bi, Qian Chen, Hirokazu Taki, Kenji Ono, Fluid Data Compression and ROI Detection Using Run Length Method, 18th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems(KES2014), (Sep.2014).

  6. Mineyuki Tsuda, Yankun Lang, Haiyuan Wu, Analysis and Identification of the EEG Signals from Visual Stimulation, 18th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems(KES2014), (Sep.2014).

  7. Chen Qian, Wu Haiyuan, and Mastumoto Kohei, Iris-Eyelid Separability Filter for Irises Tracking , 17th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems(KES2013), Vol.22, pp.1029-1037, (Sep.2013).

  8. Kokawa Yutaka, Wu Haiyuan, and Chen Qian, Improved Affinity Propagation for Gesture Recognition , 17th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems(KES2013), Vol.22, pp.983-990, (Sep.2013).

  9. Sato Kyosuke, Wu Haiyuan, and Chen Qian, High-Speed and High-accuracy Scene Flow estimation using Kinect, 17th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems(KES2013), Vol.22, pp.945-953, (Sep.2013).

  10. Atsushi Mori, Toshikazu Wada, Part Based Regression with Dimensionality Reduction for Colorizing Monochrome Face Images , The 2nd IAPR Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR2013), pp.506-510 , (No.2013).

  11. Keita Yuasa, Toshikazu Wada, Keypoint Reduction for Smart Image Retrieval, IEEE International Symposium on Multimedia (ISM2013), pp.351-358 , (Dec.2013).

  12. Yankun Lang, Jiancheng Zou (North China University of Technology) ,Haiyuan Wu, Qian Chen, New Digital Image Compression Framework Based on Compression Sensing and Sparse Representation, 20th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2014), (Feb.2014).

  13. Kazumasa Suzuki, Haiyuan Wu and Qian Chen. Video-rate Hair Tracking System Using Kinect. IAPR The Fourth Computational Color Imaging Workshop (Mar.CCIW), pp.212-224, (2013).

  14. Hiroki Maebuchi, Haiyun Wu, Qian Chen, Toshikazu Wada, Huaigeng Zheng, Yiding Wang. Nighttime Pedestrian Pose Estimation Using Hierarchy DNFTG. The International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT), pp.906-911, (Jan.2013).

  15. Kazumasa Suzuki , Haiyuan Wu, Qian Chen. Tracking Hair in Video-rate with Kinect. The 11th Asian Conference on Computer Vision, demo, pp.1-2, (Nov.2012).

  16. Tomoki Nishimura, Haiyuan Wu, Qian Chen, Hirokazu Taki. RCA based Local Image Feature Transform and its Application to Object Recognition. Advances in Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems, pp.931-940, (Sep.2012).

  17. Yiqiang Qi, Kazumasa Suzuki, Haiyuan Wu and Qian Chen. EK-means Tracker: A Pixel-wise Tracking Algorithm using Kinect. The third Chinese Conference on Intelligent Visual Surveillance (IVS2011), (Dec.2011).

  18. Shuji Matsuoka, Haiyuan Wu. Segmentation using Partical Filter and Separability Filter. In Proc. of The 7th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2010), pp.357-360, (Nov.2010).

  19. Yiqiang Qi, Haiyuan Wu. A Pixel-wise tracking algorith using stereo camera. In Proc. of The 7th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2010), pp.198-201, (Nov.2010).

  20. Yiqiang Qi, Haiyuan Wu, Toshikazu Wada, Qian Chen. Object Tracking with Extended K-means Tracker. In Proc. of CJKPR2010, pp.216-220, (Nov. 2010).

  21. Takahiro Ota, Toshikazu Wada, Nakamura Takayuki. Classifier acceleration by imitation. In Proc. of ACCV 2010, pp.653-664, (Nov. 2010).

  22. Noritaka Himei, Toshikazu Wada. Approximate Nearest Neighbor Search on HDD. In Proc. of Workshop of ICCV2009, IEEE International Workshop on Emergent Issues in Large Amounts of Visual Data, pp.2101-2108, (Oct. 2009).

  23. Aiko Oka,Toshikazu Wada. Mahalanobis Distance Minimization Mapping : M3. In Proc. of Workshop of ICCV2009, 2nd IEEE International Workshop on Subspace Methods (Subspace 2009), pp. 93-100, (Sep. 2009).

  24. Kazuma Suzuki, Qian Chen, Haiyuan Wu, Toshikazu Wada. Detecting and Tracking Faces with Stereo-camera and Adaptive Color Model. In Proc. of IEEE International Conference on Computer Vision 2009 Demo sesssion, (Sep. 2009).

  25. Yusuke Matsushita, Toshikazu Wada. Principal Component Hashing: An Accelerated Approximate Nearest Neighbor Search. In Proceedings of the 3rd Pacific Rim Symposium on Advances in Image and Video Technology, pp 374 - 385, (Jan. 2009).

  26. Haiyuan Wu, Kazumasa Suzuki, Toshikazu Wada, Qian Chen. Accelerating Face Detection by Using Depth Information. In Proceedings of the 3rd Pacific Rim Symposium on Advances in Image and Video Technology, pp 657 - 667, (Jan. 2009).

  27. Kazuyuki Masada, Qian Chen, Haiyuan Wu, Toshikazu Wada. GA based feature generation for training cascade object detector Tracker. In Proc. of 19th International Conference on Pattern Recognition, 2008, TuBCT8.43, (Dec. 2008).

  28. >Yoshihiko Tsukamoto, Yusuke Matsumoto, and Toshikazu Wada. Tracking a Firefly -A Stable Likelihood Estimation for Variable Appearance Object Tracking-. In Proc. of 19th International Conference on Pattern Recognition, 2008, TuAT9.10, (Dec. 2008).

  29. Hiroshi Oike, Haiyuan Wu, Toshikazu Wada. Adaptive Selection of Non-Target Cluster Centers for K-means Tracker. In Proc. of 19th International Conference on Pattern Recognition, 2008, ThBCT9.32, (Dec. 2008).

  30. Junya Sakagaito and Toshikazu Wada. Nearest First Traversing Graph for Simultaneous Object Tracking and Recognition. In Proc. of CVPR 2007, pp. 1--7, (2007).

  31. Yusuke Matsumoto, Takekazu Kato, and Toshikazu Wada. An Occlusion Robust Likelihood Integration Method for Multi-Camera People Head Tracking. In Proc. of International Conference on Networked Sensing Systems, 2007 (INSS), pp. 235--242, (2007).

  32. Mami Noguchi and Takekazu Kato. Geometric and Timing Calibration for Unsynchronized Cameras Using Trajectories of a Moving Marker. In IEEE Workshop on Applications of Computer Vision, Austin, Texas, (2007).

  33. Hiroshi Oike, Haiyuan Wu, Chunsheng Hua, and Toshikazu Wada. CLEAR IMAGE CAPTURE - Active Cameras System for Tracking a High-speed Moving Object. In Proc. of ICINCO-SPSMC 2007, pp. 94--102, (2007).

  34. Haiyuan Wu, Yosuke Kitagawa, Toshikazu Wada, Takekazu Kato, and Qian Chen. Tracking Iris Contour with a 3D Eye-Model for Gaze Estimation. In Proc. of ACCV 2007, pp. 688--697, (2007).

  35. Toshikazu WADA, Haiyuan WU, Qian CHEN, and Takekazu KATO. Visual Object Tracking Using Positive and negative examples. In Proc. 13th International Symposium of Robotics Research (ISRR 2007), pp. 241--252, (2007).

  36. Hiroshi Oike, Toshikazu Wada, Takeo Iizuka, Haiyuan Wu, and Takahiro~Miyashita andNorihiro Hagita. Detection and tracking using multi-color target models. In Proc. SPIE 6764 (OpticsEast 2007), 2007, p. 67640C, (2007).

  37. Yusuke Matsumoto, Takekazu Kato, and Toshikazu Wada. An occlusion robust likelihood integration method for multi-camera people head tracking. In Proc. SPIE 6764 (OpticsEast 2007), 2007, p. 67640E, (2007).

  38. Chunsheng Hua, Qian Chen, Haiyuan Wu, and Toshikazu Wada. A Noise-insensitive Object Tracking Algorithm. In Proc. of ACCV 2007, pp. 565--575, (2007).

  39. Chunsheng Hua, Haiyuan Wu, Qian Chen, and Toshikazu Wada. A General Framework for Tracking People. In Proc. of 7th IEEE International Conference, Automatic Face and Gesture Recognition, FG2006, pp. 511--516, (2006).

  40. Chunsheng Hua, Haiyuan Wu, Qian Chen, and Toshikazu Wada. A Pixel-wise Object Tracking Algorithm with Target and Background Sample. In Proc. of 18th Internel Conference on Pattern Recognition (ICPR2006), Vol. 1, pp. --, (2006).

  41. Qian Chen and Toshikazu Wada. A Light Modulation/Demodulation Method for Real-time 3D Imaging. In Proc. Fifth International Conference on 3-D Digital Imaging and Modeling (3DIM 2005), pp. 15--21, (2005).

  42. T.~Nakamura, Y.~Sakata, T.~Wada, and H.~Wu. High Performance Control of Active Camera Head Using PaLM-Tree. In IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics 2005, pp. 963--968, (2005).

  43. Takekazu Kato and Toshikazu Wada. Direct Condensing: An Efficient Voronoi Condensing Algorithm for Nearest Neighbor Classifiers. In The 17th IAPR International Conference on Pattern Recognition (ICPR2004), Cambridge UK, pp. 135--139, (2004).

  44. H.~Wu, Q.~Chen, and T.~Wada. Visual Line Estimation from a Single Image of Two Eyes. In Proc. of ICPR'04, pp. 290--293, (2004).

  45. H.Wu, Q.Chen, and T.Wada. Conic-Based Algorithm for Visual Line Estimation from One Image. In Proc. of IEEE Conf. on FG'04, pp. 260--265, (2004).

  46. Q.~Chen, H.~Wu, and T.~Wada. Camera Calibration with Two Arbitrary Coplanar Circles. In Proc. of IEEE Conf. on ECCV'04, pp. 521--532, (2004).

  47. Tomoyuki Shibata, Takekazu Kato, and Toshikazu Wada. K-d Decision Tree: An Accelerated and Memory Efficient Nearest Neighbor Classifier. In ICDM'03, pp. 641--644, (2003).

  48. T.~Nakamura, Y.~Uezu, H.~Wu, and T.~Wada. Map Generation Based on the Interaction Between Robot Body and its Surrounding Environment. In Proc. of IEEE Conf. on MFI'03, pp. 70--75, (2003).




■国内会議

トップへ

  1. 森 敦,大倉有人,目片健一,大川一朗,,古川裕三 (技研トラステム),和田 俊和. 複数の人物検出器ネットワークによる広域人物追跡. 第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015),デモセッション, DS1-2, (Jul.2015).

  2. 嶋本裕太,呉 海元,阮 翔 (オムロン). パワーケプストラム解析による単一劣化画像からのPSF推定. 第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), スポットライトセッション, SS4-1, (Jul.2015).

  3. 山田 健太,呉 海元, ガボールフィルタを用いたぼけ領域検出に関する研究, 第21回画像センシングシンポジウムSSII2015, (Jun.2015).

  4. 郎 彦昆,呉 海元,天野敏之,陳 謙, 交差反復処理による深度カメラと地面のなす角度の推定, 情報処理学会 第77回全国大会, (Mar.2015).

  5. 鈴木一正,粉川 豊,津田嶺雪,呉 海元,久保隆史,赤阪隆史(和歌山県医大), 循環器OCT画像の解析と3次元再構築, 情報処理学会 第77回全国大会, (Mar.2015).

  6. 李 鵬,鈴木一正,呉 海元,陳 謙, 色弁別度を特徴量とした個人識別, 情報処理学会 第77回全国大会, (Mar.2015).

  7. 向井 祐一郎, 和田 俊和, 特徴点削減のためDiverseDensityの近似高速化, コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM2015年1月研究会), (Jan.2015).

  8. 李 鵬,郎 彦昆,呉 海元,陳 謙, FREAK特徴を用いた顔認証, 第20回画像センシングシンポジウム(SSII2014), (Jun.2014).

  9. 津田嶺雪,呉海元, 視覚刺激時におけるEEG の測定と解析, システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集346-5, (May.2013).

  10. 佐藤恭輔,呉 海元, Kinectセンサを用いたScene Flowの高速推定, 第19回 画像センシングシンポジウム講演論文集(SSII2013), インタラクティブセッション,IS2-08, (Jun.2013).

  11. 粉川 豊,呉 海元, Affinity Propagationを用いた動作認識, 第19回 画像センシングシンポジウム講演論文集(SSII2013), インタラクティブセッション,IS3-09, (Jun.2013).

  12. 粉川豊,呉海元, Gesture Recognition based on Affinity Propagation, 第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013),インタラクティブセッション, (Jul.2013).

  13. 佐藤恭輔,呉海元, Kinectによる3次元フローの高速推定, 第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), インタラクティブセッション,(Jul.2013).

  14. Hiroki Maebuchi, Haiyuan Wu, Qian Chen, Hierarchy DNFTG for Nighttime Pedestrian Pose Estimation, 第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), インタラクティブセッション,(Jul.2013).

  15. Kohei Matsumoto, Haiyuan Wu, Qian Chen, Tracking Irises with Variable Circular Sector Separability Filter, 第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), インタラクティブセッション,(Jul.2013).

  16. 渡辺顕司,和田俊和, 特徴量補正のためのL1正則化項を導入した制約条件付き線形回帰の提案, 第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), インタラクティブセッション,(Aug.2013).

  17. 青山博和,呉海元. Tracklet Descriptorsによる生活動作の自動学習と認識. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012),インタラクティブセッション,IS1-02,(2012).

  18. 大谷洋平,和田俊和,大池洋史. 木探索とグラフ探索を結合した近似最近傍探索アルゴリズム. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012),インタラクティブセッション,IS1-07,(2012).

  19. 向井祐一郎,和田俊和. Belief Propagation によるオプティカルフロー推定の高速化・高精度化. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012),インタラクティブセッション,IS1-21,(2012).

  20. 渡邊佳寛,和田俊和. オプティカルフローを用いた動画像からの関節位置の推定. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012),インタラクティブセッション,IS2-30,(2012).

  21. 吉岡勇太,和田俊和. FPGA上での画像キーポイント検出と対応付けの並列実装. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012),インタラクティブセッション,IS3-17,(2012).

  22. 松本光平,呉海元. 可変扇形分離度フィルタを用いた瞳追跡. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012),インタラクティブセッション,IS3-18,(2012).

  23. 中崎裕介,和田俊和. 装着型カメラを用いた頭部3次元位置計測と運動視差生成. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012),インタラクティブセッション,IS3-19,(2012).

  24. 佐々木美奈,松本輝,呉海元,陳謙】. 事例に基づいた顔パーツ画像のぶれ程度とぶれ方向の推定. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012),インタラクティブセッション,IS3-26,(2012).

  25. 吉岡勇太,和田俊和. 整数化によるSURFアルゴリズムの高速化. 第18回画像センシングシンポジウム(SSII2012),デモンストレーションセッション,DS1-04,(2012).

  26. 島田喜明,和田俊和. 深度画像を用いた能動対象追跡. 第18回画像センシングシンポジウム(SSII2012),デモンストレーションセッション,DS2-07,(2012).

  27. 吉岡勇太,和田俊和. FPGA上での画像キーポイント検出と対応付けの並列実装. 第18回画像センシングシンポジウム(SSII2012),インタラクティブセッション,IS3-03,(2012).

  28. 吉岡勇太,和田俊和. 整数化によるSURFアルゴリズムの高速化. ViEW2011ビジョン技術の実利用ワークショップ講演概要集, ハイブリッドセッションF, I2-21, pp.137-138, (2011).

  29. 前渕啓材, 原田祥吾, 呉海元, 和田俊和. ハウスドルフ距離による近赤外線画像からの夜間歩行者検出. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011), インタラクティブセッション,IS2-30, pp.703-709, (2011).

  30. 坂田 惇, 和田俊和. Consensus based Object Localization 複数画像からの共通物体検出. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011), インタラクティブセッション,IS3-2, pp.874-879, (2011).

  31. 島田喜明,和田俊和. 特徴点の属性と空間的配置を統合した密な画像間対応付け. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011), インタラクティブセッション, IS3-58, pp.1272-1278, (2011).

  32. 井上 学,和田俊和. 信念伝搬型位相シフト法による三次元形状計測. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011), インタラクティブセッション, IS3-59, pp.1279-1285, (2011).

  33. 鈴木一正,戚意強,呉海元. 拡張K-means Trackerを用いた顔・髪の毛の追跡. >画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011), デモセッション, DS-2, pp.1699-1700, (2011).

  34. 塚本吉彦,和田俊和. 夜間における複数車両の検出と追跡. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010) , インタラクティブセッション, IS1-83 , (2010).

  35. 高宮隆弘,和田俊和,前田俊二・渋谷久恵(日立). ユーザの選好を反映した特徴変換法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010) , インタラクティブセッション, IS1-84 , (2010).

  36. 岡藍子,和田俊和. 劣化の影響を受けにくい画像間相違度に関する研究. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010) , フロンティアセッション, OS4-2 , (2010).

  37. 吉岡勇太,和田俊和. FPGAを用いたSURFの実時間計算法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010) , インタラクティブセッション, IS2-76, (2010).

  38. 西村朋己,呉海元,和田俊和. RCAを用いた局所特徴変換法と一般物体認識への応用. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010) , インタラクティブセッション, IS3-67, (2010).

  39. ハリム サンディ, 和田俊和. 文書表裏面スキャン画像の輝度値分布変換による裏写り除去法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010) , インタラクティブセッション, IS3-68, (2010).

  40. 亀井則宏、呉海元、陳謙. MDLと運動一貫性評価を用いたターゲットの自動初期化. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010) , インタラクティブセッション, IS2-75, (2010).

  41. 松岡修史,呉海元,和田俊和. MCMC と分離度フィルタを用いた領域分割. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009) インタラクティブセッション, IS3-12, (2009).

  42. 淺海徹哉,和田俊和(和歌山大),酒井薫,前田俊二(日立). 自己参照に基づくパターン欠陥検査法 2009.7. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009) インタラクティブセッション, IS3-5, (2009).

  43. 玉置貴規,和田俊和,鈴木一正. 飽和画像からの色復元 ―1,2 色飽和の場合―. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009) インタラクティブセッション, pp. IS2-36, (2009).

  44. 浦田賢人,Halim Sandy,和田俊和. ラベル数の削減によるBelief Propagation の高速化に関する研究. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009) インタラクティブセッション, IS2-18, (2009).

  45. 西村朋己,呉海元,和田俊和. 一般物体認識に有効なvisual words の作成法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009) インタラクティブセッション, IS1-20, (2009).

  46. 白石明,呉海元,和田俊和. 適応型固有輪郭モデルを用いた人物の輪郭検出と状態推定. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009) インタラクティブセッション, IS1-13, (2009).

  47. 高宮隆弘,小倉将義,和田俊和(和歌山大),前田俊二,酒井薫(日立). カーネル弁別特徴変換に関する研究. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009) インタラクティブセッション, IS1-9, (2009).

  48. 亀井則宏,呉海元,陳謙. MDL と統計量を用いたK-means Tracker の自動初期化. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009) インタラクティブセッション, IS2-5, (2009).

  49. ハリムサンディ,西村朋己,前田光賢,呉海元. 視点固定型能動カメラとGraph Cuts を用いた前景・背景の分離. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009) インタラクティブセッション, IS2-14, (2009).

  50. 和田俊和. 視覚監視における対象表現法. 第15回画像センシングシンポジウム オーガナイズドセッション, OR1-04, (2009).

  51. 佐野友祐, 呉海元, 和田俊和, 陳謙. SIFT 特徴量の拡張と対称性平面物体検出への応用. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) オーラルセッション, pp. 34-41, (2008).

  52. Halim Sandy, 和田俊和. グラフカットを用いた画像の粒状ノイズ抑制. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) オーラルセッション, pp. 109-116, (2008).

  53. 岡藍子,和田俊和. Mahalanobis汎距離最小化による高次元線形写像計算法:M3. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) オーラルセッション, pp. 123-130, (2008).

  54. 岡田大輝,和田俊和. 動的色境界の提案と道路標識追跡・認識への応用. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) オーラルセッション, pp. 254-259, (2008).

  55. 行旨克哉,加藤丈和,和田俊和. 非同期Binocularカメラによる3次元位置計測のための時刻ずれ推定法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) インタラクティブセッション, pp. 549-554, (2008).

  56. 塚本吉彦,松元郁佑,和田俊和. 状態推定を用いた点滅パターンの追跡. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) インタラクティブセッション, pp. 814-821, (2008).

  57. 佐野真通,加藤丈和,和田俊和,酒井薫,前田俊二. パターンの近接性と密度推定に基づく1クラス識別器. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) インタラクティブセッション, pp. 897 -902, (2008).

  58. 瀬藤英隆,加藤丈和,和田俊和. 制約付きEMアルゴリズムによる対象個数推定. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) インタラクティブセッション, pp. 929-934, (2008).

  59. 正田和之,呉海元,和田俊和. 特徴生成機能を有する識別器の学習法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) インタラクティブセッション, pp. 1142-1147, (2008).

  60. 前田昌宏,和田俊和. 多眼カメラによる3次元追跡のための自己修復型較正法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) インタラクティブセッション, pp. 1346-1351, (2008).

  61. 陳謙,東谷匡記,和田俊和. 能動的ステレオカメラを用いた実空間立体描画. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) インタラクティブセッション, pp. 1380-1385, (2008).

  62. 淺海徹哉,加藤丈和,和田俊和,酒井薫,前田俊二. 顕著性に基づく外観検査のための異常検出アルゴリズム. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) インタラクティブセッション, pp. 1400-1407, (2008).

  63. 中田裕介,和田俊和. ハッシュを用いた最大類似度探索に関する研究. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) インタラクティブセッション, pp. 1436-1443, (2008).

  64. 鈴木一正,大池洋史,呉海元,和田俊和. ステレオカメラによるビデオレート顔検出. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) デモセッション, pp. 1462-1467, (2008).

  65. 小倉将義,加藤丈和,和田俊和. 姿勢パラメータ埋め込みと最近傍探索によるスキップスキャン検出. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) インタラクティブセッション, pp. 1492-1499, (2008).

  66. 陳謙, 三輪創平, 和田俊和. 視点追跡による運動視差が再現できる立体映像提示法. 第13回画像センシングシンポジウム予稿集, pp. IN1--12, (2007).

  67. 華春生, 陳謙, 呉海元, 和田俊和. Reliability-based K-means Clustering と追跡への応用. 第13回画像センシングシンポジウム予稿集, pp. IN2--01--1--IN2--01--7, (2007).

  68. 華春生, 呉海元, 陳謙, 和田俊和. K-means Tracker の高速化. 第13回画像センシングシンポジウム予稿集, pp. IN3--04--1--IN3--04--5, (2007).

  69. 大池洋史, 和田俊和, 呉海元. 複数の弁別度テーブルを用いた実時間能動ステレオ3 次元位置計測システム. 第13回画像センシングシンポジウム予稿集, pp. LD1--12--1--LD--12--4, (2007).

  70. Chunsheng Hua, Qian Chen, Haiyuan Wu, and Toshikazu Wada. Reliability-based K-means Object Tracking Algorithm. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007), pp. 88--94, (2007).

  71. 荒井英剛, 中村恭之, 和田俊和. 主成分木を用いた写像学習法の提案と性能比較. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007) インタラクティブセッション, pp. 516--521, (2007).

  72. 江郷俊太, 加藤丈和, 和田俊和. 高速最近傍探索を用いたパーティクルフィルタによる実時間人物顔検出・追跡・認識システム. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007) デモセッション, pp. 441--442, (2007).

  73. 江郷俊太, 加藤丈和, 和田俊和. 高速最近傍探索を用いたパーティクルフィルタによる実時間人物顔検出・追跡・認識. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007) インタラクティブセッション, pp. 1183--1188, (2007).

  74. 武野哲也, 中村恭之, 和田俊和. 測域センサデータの直線追跡に基づく局所環境地図生成法. ロボティクス・メカトロニクス講演会'07,2P1-G05, pp. 2P1--G05, (2007).

  75. 武野哲也, 中村恭之, 和田俊和. 測域センサデータの直線追跡に基づくスキャンマッチング法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007) インタラクティブセッション, pp. 1564--1569, (2007).

  76. 橋本貴志, 和田俊和. Hallucination の一般化に関する検討. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007) インタラクティブセッション, pp. 603--608, (2007).

  77. 林拓, 坂井義幸, 和田俊和, 呉海元. 顔検出のための画像データ依存型特徴抽出法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007) インタラクティブセッション, pp. 768--773, (2007).

  78. 松下裕輔, 和田俊和. Principal Component Hashing等確率バケット分割による近似最近傍探索法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007), pp. 127--134, (2007).

  79. 岡田大輝, 和田俊和, 坂垣内洵也. Chamfer Matchingを利用した有向NFTGとその応用. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007), pp. 381--388, (2007).

  80. 山田剛士, 呉海元, 和田俊和. GAによる特徴生成機能を有するカスケード型識別器の学習法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007) インタラクティブセッション, pp. 756--761, (2007).

  81. 坂平星弘, 和田俊和. Genetic Algorithmを用いた対象検出法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007) インタラクティブセッション, pp. 821--826, (2007).

  82. 加藤丈和, 野口真身, 和田俊和, 酒井薫(日立), 前田俊二(日立). パターンの近接性に基づく1クラス識別器. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007) インタラクティブセッション, pp. 762--767, (2007).

  83. 加藤丈和, 藤原純也, 荒井英剛, 和田俊和. インテグラルイメージを用いた主成分木による画像の最近傍探索の高速化. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007), pp. 103--110, (2007).

  84. 佐野友祐, 呉海元, 和田俊和, 陳謙. MCMCとChamfer Matchingを用いた対称性平面図形の検出. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007) インタラクティブセッション, pp. 798--803, (2007).

  85. 高田亮, 呉海元, 和田俊和. オプティカルフローの白色化によるエゴモーション解析. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) インタラクティブセッション, pp. 1036--1041, (2006).

  86. 飯塚健男, 和田俊和. 色弁別度を用いた実時間ステレオ対象検出・追跡. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) インタラクティブセッション, pp. 1072--1077, (2006).

  87. 飯塚健男, 和田俊和. 弁別度に基づく実時間能動ステレオ3次元計測システム. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) デモセッション, pp. 1385--1386, (2006).

  88. 行旨克哉, 加藤丈和. 単一マーカーの追跡による首振りカメラの方位・時間キャリブレーション. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) インタラクティブセッション, pp. 1313--1318, (2006).

  89. 荒井英剛, 武本浩二, 加藤丈和, 和田俊和. 階層的固有空間による高次元最近傍探索の高速化. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006), pp. 291--297, (2006).

  90. 江郷俊太, 加藤丈和, 和田俊和. カメラ・床センサトラッキングの統合による人物検出・追跡. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) インタラクティブセッション, pp. 794--799, (2006).

  91. 武本浩二, 加藤丈和, 和田俊和. 効率的な距離計算戦略による高次元最近傍探索の高速化. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) インタラクティブセッション, pp. 1156--1161, (2006).

  92. 松本拓也, 呉海元, 和田俊和, 中村恭之. 分離度フィルタと PaLM-treeを用いた視線方向の推定. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) インタラクティブセッション, pp. 1042--1047, (2006).

  93. 松元郁佑, 加藤丈和, 和田俊和. 複数カメラを用いたCondensationによるオクルージョンにロバストな人物追跡. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) インタラクティブセッション, pp. 291--506, (2006).

  94. 山田剛士, 坂井義幸, 呉海元, 和田俊和. 顔検出のための特徴生成と特徴選択. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) インタラクティブセッション, pp. 1048--1053, (2006).

  95. 大池洋史, 呉海元, 華春生, 和田俊和. 高速追従型2 眼能動カメラシステム. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006), pp. 200--207, (2006).

  96. 坂平星弘, 坂垣内洵也, 和田俊和. 実時間対象追跡・認識を行なうための対話的システム. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) デモセッション, pp. 1377--1378, (2006).

  97. 前田昌宏, 加藤丈和, 和田俊和, Moldovan Daniel. 基礎行列の不安定度に基づくカメラ間の最適組み合わせの推定. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) インタラクティブセッション, pp. 952--957, (2006).

  98. 三輪創平, 陳謙, 和田俊和. 実時間視点追従機能を有する立体映像提示法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) インタラクティブセッション, pp. 740--745, (2006).

  99. Chunsheng Hua, Haiyuan Wu, Qian Chen, Hiyoshi Oike, and Toshikazu Wada. Reliability K-means Clustering and Its Application for Object Tracking. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) インタラクティブセッション, pp. 1090--1095, (2006).

  100. 飯塚健男, 和田俊和, 中村恭之, 加藤丈和, 吉岡悠一. 視点固定型パン・チルトステレオカメラによるリアルタイム3次元位置計測システム. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005) デモセッション, pp. 1620--1621, (2005).

  101. 野口真身, 加藤丈和. マーカーの軌跡を用いた非同期カメラの幾何学的・時間的キャリブレーション. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), pp. 32--39, (2005).

  102. 華春生, 呉海元, 陳謙, 和田俊和. K-means トラッカー:失敗を自動的に検出・回復する対象追跡法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005) インタラクティブセッション, pp. 395--402, (2005).

  103. 横守良介, 和田俊和, 陳謙. 平行線パターンを用いたカメラの自己位置・姿勢の推定. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005) インタラクティブセッション, pp. 610--617, (2005).

  104. 柴田智行, 和田俊和, 加藤丈和. 一般化K-D Decision Tree - 近接性グラフによるEditing を利用した最近傍識別器の高速化 -. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005) インタラクティブセッション, pp. 16--23, (2005).

  105. 林拓, 中村恭之, 和田俊和. 識別器選択のための入力空間分割法に関する検討. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005) インタラクティブセッション, pp. 859--866, (2005).

  106. 松元郁佑, 加藤丈和, 和田俊和. NAMA-CON: ネットワーク結合された複数センサを用いたCONDENSATIONによる人物頭部追跡. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005) インタラクティブセッション, pp. 411--418, (2005).

  107. 新宅景二, 和田俊和, 呉海元. フラクタル画像符号化を用いた均一なテクスチャ平面の傾斜角推定. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), pp. 56--63, (2005).

  108. 大池洋史, 華春生, 呉海元, 和田俊和. 高速追従型2眼アクティブカメラ. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005) デモセッション, pp. 1608--1609, (2005).

  109. 坂垣内洵也, 和田俊和, 加藤丈和. 近さ優先探索グラフを用いた実時間対象追跡・認識. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), pp. 16--23, (2005).

  110. 北川洋介, 加藤丈和, 呉海元, 和田俊和. アイモデルを用いた視線推定のための黒目追跡. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005) インタラクティブセッション, pp. 1343--1350, (2005).

  111. 上江洲吉美, 中村恭之, 和田俊和. MDL基準に基づく区分的関数あてはめによる写像学習. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), pp. 144--150, (2005).

  112. 川原輝美, 中村恭之, 和田俊和. 計画と実行の反復による車輪型移動ロボットの滑り運動学習. 第10回ロボティクスシンポジア予稿集, pp. 405--409, (2005).

  113. 中村恭之, 坂田好生, 呉海元, 和田俊和. PaLM-treeによる能動カメラ制御の高性能化. ロボティクスメカトロニクス講演会’05 講演論文集, pp. 1P2--S--067, (2005).

  114. 佐藤哲, 和田俊和, 中村恭之. 床圧力センサを用いた人物位置追跡のための追跡対象数推定. FIT2005 講演論文集, (2005).

  115. 浮田宗泊, 加藤丈和. 背景差分と色検出の統合によるターゲット色の自動学習と背景変動に頑健な実時間対象検出. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2004), Vol. II, pp. 24--29, (2004).

  116. 武本浩二, 加藤丈和, 和田俊和. 画像の4分木表現を用いた高速最近傍識別. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2004), Vol. II, pp. 347--352, (2004).

  117. 柴田智行, 和田俊和, 加藤丈和. K-D Decision Treeとその応用 −最近傍識別器の高速化と省メモリ化−. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2004), Vol. II, pp. 55--60, (2004).

  118. 松元郁佑, 加藤丈和, 呉海元. 構造化MCMC とその応用. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2004), Vol. I, pp. 727--732, (2004).

  119. 大池洋史, 呉海元, 加藤丈和, 和田俊和. 高速追従型アクティブカメラ. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2004) デモセッション, Vol. I, pp. 113--114, (2004).

  120. 和田俊和, 濱塚俊明, 加藤丈和. K-means トラッキング:背景混入に対して頑健な対象追跡法. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2004), Vol. II, pp. 7--12, (2004).

  121. 加藤丈和, 浮田宗泊, 和田俊和. 特徴の連接と最近傍識別によるターゲット検出-事例に基づく情報統合-. 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2004), Vol. II, pp. 1--6, (2004).

  122. 大池洋史, 呉海元, 加藤丈和, 和田俊和. 鮮明な画像撮影のための高速追従カメラシステム. 第9回知能メカトロニクスワークショップ, pp. 79--84, (2004).

  123. 華春生, 呉海元, 塩山忠義. 眼鏡・髭・表情によらない顔器官の検出. In MIRU2004, pp. I--541--546, (2004).

  124. 呉海元, 陳謙, 飯尾太郎, 和田俊和. 狭い共通視野での複数台カメラのキャリブレーション. In MIRU2004, pp. I--285--290, (2004).

  125. 呉海元, 陳謙, 和田俊和. 単眼画像からの視線推定. In MIRU2004, pp. II--253--258, (2004).

  126. 飯塚健男, 中村恭之, 和田俊和. ステレオカメラによるリアルタイム3次元位置計測システム. MIRU2004 デモセッション, p. 312, (2004).

  127. 川原輝美, 中村恭之, 和田俊和. PaLM-treeによる車輪型移動ロボットの行動計画. ロボティクスメカトロニクス講演会’04 講演論文集, pp. 2P1--L1--27, (2004).

  128. 佐藤哲, 和田俊和, 中村恭之. 非線形写像学習アルゴリズムPaLM-treeを用いた顔方向推定. 第3回情報科学技術フォーラム講演論文集, pp. I--067, (2004).

  129. 中村恭之, 加藤英介, 和田俊和. 非線形写像学習のためのPaLM-treeの提案とその応用. 第9回ロボティクスシンポジア予稿集, pp. 360--366, (2004).

  130. 中村恭之, 和田俊和. 車輪型移動ロボットの身体性に基づく動的行動の獲得. 第8回ロボティクスシンポジア予稿集, pp. 522--526, (2003).




■研究報告

トップへ

  1. 嶋本裕太,松本 輝,呉 海元,阮 翔(オムロン) , パワーケプストラム解析による単一劣化画像からのPSF推定, パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), (Mar.2015).

  2. 津田嶺雪,呉 海元, OCT画像からのステントの自動検出 , パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), (Mar.2015).

  3. 粉川 豊,呉 海元, 循環器OCT画像の角度基準領域分割, パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), (Mar.2015).

  4. 佐藤恭輔,呉 海元, 色情報を用いた深度情報の高速補正法, パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), (Mar.2015).

  5. 森 敦, 和田 俊和, 地図を用いた人物検出システムの連携法に関する研究, コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM2015年1月研究会), (Jan.2015).

  6. 湯浅 圭太, 和田 俊和, 画像検索のためのクエリ特徴点削減法の提案, コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM2015年1月研究会), (Jan.2015).

  7. 松村祐貴,和田俊和, ベクトル出力可能なガウス過程回帰における共分散行列の推定, コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM2015年1月研究会), (Jan.2015).

  8. 中田 健一, 和田 俊和, 局所特徴に基づくAspect Graphの構築と3次元物体認識に関する研究, コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM2014年9月研究会), (Sep.2014).

  9. 安田 篤史, 和田 俊和 , 局所特徴に基づく共通被写体画像ペアの発見法に関する研究, コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM2014年9月研究会), (Sep.2014).

  10. 古谷 俊太, 和田 俊和, 非線形写像を用いた顔画像の想起と人物認識への応用, コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM2014年9月研究会), (Sep.2014).

  11. 中田 健一, 和田 俊和. 局所特徴に基づくAspect Graphの構築と3次元物体認識に関する研究. 情報処理学会研究報告, Vol.2014-CVIM-193, No.11, (Sep.2014).

  12. 安田 篤史, 和田 俊和 . 局所特徴に基づく共通被写体画像ペアの発見法に関する研究. 情報処理学会研究報告, Vol.2014-CVIM-193, No.11, (Sep.2014).

  13. 古谷 俊太, 和田 俊和. 非線形写像を用いた顔画像の想起と人物認識への応用. 情報処理学会研究報告, Vol.2014-CVIM-193, No.11, (Sep.2014).

  14. Takayuki Fukui,Toshikazu Wada,Hiroshi Oike, Face Model from Local Features: Image Clustering and Common Local Feature Extraction based on Diverse Density, 情報処理学会研究報告, Vol.2013-CVIM-187, No.35, (May.2013).

  15. Atsushi Mori,Toshikazu Wada,Hiroshi Oike, Automatic Colorization of Near-Infrared Monochrome Face Image based on Position-Dependent Regression, 情報処理学会研究報告, Vol.2013-CVIM-187, No.34 , (May.2013).

  16. 湯浅 圭太,和田 俊和,渡辺 顕司, "Diverse Densityを用いた画像検索用キーポイントの削減法 ", 情報処理学会研究報告, Vol.2013-CVIM-187, No.35, (May.2013).

  17. 松本輝,呉海元,,阮翔(オムロン), ケプストラム解析による単一劣化画像のBlind Deconvolution, 情報処理学会研究報告, Vol.2013-CG-153(1), (Nov.2013).

  18. 圓城達也,呉海元, NF-Featuresによる画像間の頬領域の対応付け, 情報処理学会研究報告, Vol. 2013-CVIM-189(16), (Nov.2013).

  19. 李 鵬,郎 彦昆,陳 謙,呉 海元, FREAKを用いた人物の識別, パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), (Jan.2014).

  20. 向井祐一郎,和田俊和,大池洋史. 離散最適化よる片面文章画像のショースルー除去法. 電子情報通信学会技術研究報告PRMU、(2013).

  21. 李鵬,呉海元,瀧寛和,陳謙. FREAKを用いた人物の認識. 電気学会・次世代産業システム研究会, IIS-13-032, pp.1-6,(2013)

  22. 西村朋己,呉海元,瀧寛和,陳謙. 拡張RCAを用いたカーネルvisual word生成法と一般物体認識への応用. 電気学会・次世代産業システム研究会, IIS-13-032, pp.7-12,(2013).

  23. 佐藤伸哉、陳謙、呉海元. 移動物体を追従撮影した映像の鮮明化. 情報処理学会研究報告会、Vol.2013-CG-150 No.21, 2013/2/19、pp.1-7, (2013).

  24. 大谷洋平,大池洋史,和田俊和. 距離計算を行わない近似最近傍探索アルゴリズム: Grafting Trees. 電子情報通信学会技術研究報告PRMU,Vol.112, No.441,pp.137-142,(2013).

  25. 大池洋史,岸 和芳,和田俊和. HDDを用いた省メモリK-meansクラスタリング. 電子情報通信学会技術研究報告PRMU,Vol.112, No.441,pp.61-66,(2013).

  26. 福井崇之,和田俊和,大池洋史,坂田 惇. 人物顔画像の階層的クラスタリングと共通局所特徴量抽出の同時実行による顔モデル生成. 電子情報通信学会技術研究報告PRMU,Vol.112, No.385 pp.23-28,(2013).

  27. 坂田 惇,和田俊和. Multiple-Instance Learningを用いたCo-segmentation. 電子情報通信学会技術研究報告PRMU Vol.112, No.385,pp.81-86,(2013).

  28. 湯浅圭太,和田俊和,大池洋史,坂田 惇. Diverse Densityに基づく画像データ検索用キーポイント抽出法について. 電子情報通信学会技術研究報告PRMU Vol.112, No.385,pp.87-92,(2013).

  29. 島田喜明,和田俊和. 深度を用いた能動対象追跡. 電子情報通信学会技術研究報告PRMU,Vol.112, No.385,pp.299-304,(2013).

  30. 井上 学,和田俊和. 信念伝搬型シフト法による三次元形状計測. 電子情報通信学会技術研究報告PRMU,Vol.112, No.385,pp.305-310,(2013).

  31. 竹中晴香,和田俊和,大池洋史,井上 学,島田喜明. KinectのためのBilateral Filteringを用いた距離画像とカラー画像の整合法. 電子情報通信学会技術研究報告PRMU,Vol.112, No.385,pp.311-316,(2013).

  32. 松村祐貴,和田俊和(和歌山大),前田俊二,渋谷久恵(日立). 動的Active Setを用いたGaussian Process Regressionによるベクトル出力推定法. 電子情報通信学会技術研究報告PRMU,Vol.112, No.385,pp.317-322,(2013).

  33. 森 敦,和田俊和,大池洋史. 画素識別と回帰計算に基づく近赤外線顔画像のカラー化手法. 電子情報通信学会技術研究報告PRMU,Vol.112, No.385,pp.353-358,(2013).

  34. 松本光平 ,呉 海元. 可変扇形分離度フィルタを用いた瞳追跡. 情報処理学会研究報告,2012-CVIM-182, No.29,pp.1-7,(2012).

  35. 前渕 啓材,呉 海元,和田 俊和. 階層化NFTGと夜間歩行者姿勢推定への応用. 平成24年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,(2012).

  36. 圓城 達也,呉 海元. ツービューからの顔画像からの3Dモデルの自動化. 平成24年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集,(2012).

  37. 尾崎晋作,渋谷久恵,前田俊二(日立),和田俊和. Gaussian Processesに基づく異常予兆検出への多重解像度解析の導入. 電子情報通信学会技術研究報告, (2012).

  38. 西村朋己,呉海元,瀧 寛和,三浦浩一. RCAを用いた局所特徴変換法と生活支援用一般物体認識への応用. 電子情報通信学会技術研究報告, (2012).

  39. 前渕啓材,呉海元,和田俊和. 幾何制約付HOGとNFTGを用いた夜間歩行者検出. 電子情報通信学会技術研究報告, (2012).

  40. 鈴木一正,戚意強,呉海元. kinectを用いた顔・髪の毛の追跡. 情報処理学会研究報告, (2012).

  41. 向井祐一郎,大池洋史,和田俊和. ビジョンアルゴリズムとノルムの選定に関するー考察. 電子情報通信学会技術研究報告, vol.111, No.77, pp.73-78, (2011).

  42. 尾崎晋作,和田俊和,前田俊二,渋谷久恵(日立). Gaussian Processを用いたプラントの異常およびその予兆の検出. 電子情報通信学会技術研究報告, vol.110, no.381, PRMU2010-175, pp.211-216, (2011).

  43. 戚意強,呉海元,和田俊和,陳謙. 拡張K-means Trackerによる物体の追跡. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM-175, No.23, pp.123-126, (2011).

  44. 太田貴大(紀州技研工業),和田俊和. 回帰木を用いた識別器のモールディングによる文字認識の高速化. 電子情報通信学会技術研究報告, vol.109, no.344, PRMU2009-134, pp.1-6, (2009).

  45. 岡 藍子,和田俊和. 劣化の影響を受けにくい画像間相違度に関する研究. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 109, no. 470, PRMU2009-306, pp. 431-436, (2010).

  46. 尾崎晋作・和田俊和(和歌山大),前田俊二・渋谷久恵(日立). Whiteningと線形予測を用いた人為的操作を伴うプラントの異常検出. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 109, no. 470, PRMU2009-280, pp. 275-279, (2010).

  47. 高宮隆弘・和田俊和(和歌山大),前田俊二・渋谷久恵(日立). ユーザの選好を反映した特徴変換. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 109, no. 470, PRMU2009-305, pp. 425-430, (2010).

  48. ハリム サンディ,和田俊和. 文書表裏面スキャン画像の輝度値分布変換による裏写り除去法. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 109, no. 470, PRMU2009-317, pp. 495-500, (2010).

  49. 東谷匡記,和田俊和. 離散最適化によるDenoisingのFPGA上での実時間実装法. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 109, no. 470, PRMU2009-275, pp. 247-252, (2010).

  50. 吉岡勇太,和田俊和. FPGAを用いたSURFの実時間計算法. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 109, no. 470, PRMU2009-274, pp. 241-246, (2010).

  51. 関真規人,和田俊和. 二分探索型Belief Propagationの多次元拡張による領域分割. 情報処理学会研究報告 Vol.2010-CVIM-171, No. 18, (2010).

  52. 中ア裕介,和田俊和. 装着型カメラを用いた頭部位置・姿勢の計測法. 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.188, pp.29-35, (2010).

  53. 岡藍子,和田俊和. 劣化の影響を受けにくい画像間相違度に関する研究. 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.188, pp. 221-228, (2010).

  54. 淺海徹哉,和田俊和(和歌山大),酒井 薫,前田俊二(日立). 自己参照に基づくパターン欠陥検査法. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 108, no. 484, PRMU2008-243, pp. 287-292, (2009).

  55. 中田裕介,和田俊和. 誤差による変動幅を考慮した決定木に関する研究. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 108, no. 484, PRMU2008-243, pp. 235-240, (2009).

  56. 姫井教考,和田俊和. B+木を用いた補助記憶装置上での近似最近傍探索. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 108, no. 484, PRMU2008-243, pp. 223-228, (2009).

  57. 小倉将義,高宮隆弘,和田俊和(和歌山大),前田俊二,酒井 薫(日立). 線形弁別特徴変換に関する研究. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 108, no. 484, PRMU2008-243, pp. 197-204, (2009).

  58. 岡 藍子,和田俊和. 2次元主成分分析を用いたMahalanobis距離最小化による高次元線形写像計算法:2D-M3. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 108, no. 484, PRMU2008-243, pp. 183-190, (2009).

  59. 玉置貴規,和田俊和,鈴木一正. 飽和画像からの色復元 〜1色,2色飽和の場合〜. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 108, no. 484, PRMU2008-243, pp. 19-24, (2009).

  60. 西村朋己,呉海元, 和田俊和. 一般物体認識に適したvisual wordの作成法. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 108, no. 327, PRMU2008-143, pp. 237-242, (2008).

  61. Halim Sandy, 和田俊和. グラフカットを用いた画像の粒状ノイズ抑制. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM162-29, No. 27, pp. 289-296, (2008).

  62. 松下裕輔, 和田俊和. 一般分布に対するPrincipal Component Hashing. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM162-29, No. 27, pp. 283-288, (2008).

  63. 岡田大輝, 和田俊和. 動的色境界の提案と道路標識追跡・認識への応用. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM162-29, No. 27, pp. 173-180, (2008).

  64. 鈴木一正, 呉海元, 和田俊和. ステレオカメラを用いた顔検出の高速化. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM161-17, No. 3, pp. 107--112, (2008).

  65. 瀬藤英隆, 加藤丈和, 和田俊和. 制約付きEMアルゴリズムによる対象個数推定. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM161-32, No. 3, pp. 211--216, (2008).

  66. 正田和之, 呉海元, 和田俊和. 特徴生成機能を有する識別器の学習法. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM161-30, Vol. 3, pp. 199--204, (2008).

  67. 大池洋史, 呉海元, 和田俊和. K-means trackerにおける適応的な非ターゲットクラスタ中心の配置法. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM161-31, No. 3, pp. 205--210, (2008).

  68. 坂平星弘, 和田俊和. 対象検出問題における注意の伝播に関する研究. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM161-16, No. 3, pp. 101--106, (2008).

  69. 佐野友祐, 呉海元, 和田俊和, 陳謙. 対称SIFT特徴量を用いた対称性平面物体検出. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM161-26, No. 3, pp. 171--176, (2008).

  70. 中田裕介, 和田俊和. ハッシュを用いた最大類似度探索法に関する研究. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM161-38, No. 3, pp. 255--260, (2008).

  71. 北川洋介, 呉海元, 和田俊和, 加藤丈和. 自動視線推定のためのアイモデルの個人適応法. 電子情報通信学会技術研究報告, 信学技報, PRMU2006-192, pp. 55--60, (2007).

  72. 藤原純也, 荒井英剛, 加藤丈和, 和田俊和. インテグラルイメージを用いた主成分木による画像の最近傍探索の高速化. 電子情報通信学会技術研究報告, 信学技報, PRMU2006-203, pp. 55--60, (2007).

  73. 林拓, 和田俊和, 呉海元. 顔検出のためのデータ依存型特徴抽出法. 電子情報通信学会技術研究報告, 信学技報, PRMU2006-189, pp. 37--42, (2007).

  74. 山田剛士, 呉海元, 和田俊和. GAとAdaboostを用いた顔検出. 電子情報通信学会技術研究報告, 信学技報, PRMU2006-190, pp. 43--48, (2007).

  75. Chunsheng Hua, Haiyuan Wu, Qian Chen, and Toshikazu Wada. K-means Clustering Based Pixel-wise Object Tracking. 情報処理学会 研究報告, Vol. CVIM159-2, pp. 17--32, (2007).

  76. 高田亮, 呉海元, 和田俊和. オプティカルフローの無相関化によるエゴモーション解析. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM153-6, No. 25, pp. 33--40, (2006).

  77. 荒井英剛, 加藤丈和, 和田俊和. 空間分割と直交変換の統合による高次元最近傍探索の高速化. 情報処理学会 研究報告 CVIM153-7, No. 25, pp. 41--48, (2006).

  78. 武本浩二, 加藤丈和, 和田俊和. 効率的な距離計算戦略による高次元最近傍探索の高速化. 情報処理学会 研究報告 CVIM153-8, No. 25, pp. 49--56, (2006).

  79. 林拓, 和田俊和, 加藤丈和. 連続特徴空間における決定木構築法と顔検出への応用. 情報処理学会 研究報告 CVIM153-19, No. 25, pp. 125--130, (2006).

  80. 岡田大輝, 和田俊和, 坂垣内洵也. Chamfer Matchingを利用した有向NFTGとその応用. 情報処理学会 研究報告 CVIM153-14, No. 25, pp. 93--100, (2006).

  81. 坂平星弘, 和田俊和, 坂垣内洵也, 加藤丈和. 事例ベース対象追跡・認識のための近さ優先探索グラフの対話的構築アルゴリズム. 情報処理学会 研究報告 CVIM153-13, No. 25, pp. 85--92, (2006).

  82. 松元郁佑, 加藤丈和, 和田俊和, 上田博唯. 複数カメラを用いたCONDENSATIONによる複数人物頭部の実時間検出・追跡. 情報処理学会 研究報告 CVIM153-45, No. 25, pp. 293--300, (2006).

  83. 北川洋介, 加藤丈和, 呉海元, 和田俊和. アイモデルを用いたCondensationによる黒目追跡. 信学技報 PRMU2005-200, pp. 13--18, (2005).

  84. 上江洲吉美, 中村恭之, 和田俊和. 情報量基準に基づく区分的関数当てはめによる写像学習. 信学技報 NLC2004-99, pp. 13--18, (2005).

  85. 野口真身, 加藤丈和. マーカー追跡による同期のない複数カメラのキャリブレーション. 情処研報 CVIM-147-3, Vol. 147, pp. 13--20, (2005).

  86. 北川洋介, 加藤丈和, 呉海元, 和田俊和. アイモデルを用いたCondensationによる視線推定. 情報処理学会研究報告, 情処研報, (2005).

  87. 新宅景二, 和田俊和, 呉海元. フラクタル画像符号化を用いたテクスチャ平面の傾斜角推定. 電子情報通信学会技術研究報告, 信学技報, PRMU2004-193, pp. 85--90, (2005).

  88. 林柘, 中村恭之, 和田俊和. 識別器選択のための入力空間分割法に関する検討. 信学技報 NLC2004-98, pp. 7--12, (2005).

  89. 坂垣内洵也, 加藤丈和, 和田俊和. 修正相対近傍グラフを用いたターゲット追跡と認識. 情処研報 CVIM-145-17, Vol. 145, (2004).

  90. 武本浩二, 加藤丈和, 和田俊和. 4分木表現を用いた画像の高速最近傍識別. 情処研報 CVIM-144-4(卒論セッション), Vol. 144, (2004).

  91. 松元郁佑, 加藤丈和, 呉海元, 和田俊和. 構造化MCMC法に基づいた顔部品検出. 情処研報 CVIM-144-14(卒論セッション), Vol. 144, (2004).

  92. 大池洋史, 呉海元, 加藤丈和, 和田俊和. 鮮明な画像計測のための高速追従型アクティブカメラ. 情処研報 CVIM-144-10(卒論セッション), Vol. 144, (2004). 最優秀賞.

  93. 加藤丈和, 柴田智行, 和田俊和. 最近傍識別器を用いた背景差分と色検出の統合. 情処研報 CVIM-142-5, Vol. 145, pp. 31--36, (2004).

  94. 華春生, 和田俊和, 呉海元. 可変楕円モデルを用いたK-meansトラッキング. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM145-16, pp. 113--120, (2004).

  95. 大池洋史, 呉海元, 加藤丈和, 和田俊和. 鮮明な画像撮影のための高速追従型アクティブカメラ. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM144-14, pp. 71--78, (2004).

  96. 飯尾太郎, 呉海元, 陳謙, 和田俊和. 広い視野を観測できる複数台カメラのキャリブレーション. 電子情報通信学会技術研究報告, 信学技報, PRMU2003-243, pp. 73--78, (2004).

  97. 呉海元, 陳謙, 飯尾太郎, 和田俊和. 二つの円パターンを利用した視線推定. 電子情報通信学会技術研究報告, 信学技報, PRMU2003-244, pp. 79--84, (2004).

  98. 飯塚健男, 中村恭之, 和田俊和. カメラ同期・対応点の必要のない複数ステレオカメラのキャリブレーション法. 第9回知能メカトロニクスワークショップ, pp. 157--162, (2004).

  99. 飯塚健男, 中村恭之, 和田俊和. ステレオカメラによる色ターゲットの3次元位置計測. 情報処理学会研究報告,2004-CVIM-144, pp. 65--70, (2004).

  100. 和田俊和, 中村恭之. 回帰木を用いた非線形写像の学習と識別問題への応用. 電子情報通信学会PRMU研究会資料, pp. 9--11, (2004).

  101. 上江洲吉美, 中村恭之, 和田俊和. ロボットの身体と環境との相互作用に基づく地図作成法. 第9回知能メカトロニクスワークショップ, pp. 157--162, (2004).

  102. 柴田智行, 和田俊和, 加藤丈和. K-D Decision Tree: 最近傍識別器の高速化. 信学技報 PRMU, Vol. 103, No. 295, pp. 85--90, (2003).

  103. 武本浩二, 加藤丈和, 和田俊和. 画像の4分木表現に対する最近傍識別. 信学技報 PRMU, Vol. 103, No. 390, pp. 1--6, (2003).

  104. 和田俊和, 加藤丈和. 近接性グラフに基づく効率的Condensingの理論. 信学技報 PRMU, Vol. 103, No. 96, pp. 13--18, (2003).

  105. 加藤丈和, 和田俊和. 近接性グラフに基づく効率的Condensingのアルゴリズムと評価. 信学技報 PRMU, Vol. 103, No. 96, pp. 19--24, (2003).

  106. 華春生, 呉海元, 塩山忠義. 眼鏡・髭によらない顔特徴点の検出. 電子情報通信学会技術研究報告, 信学技報, PRMU2003-101, pp. 37--42, (2003).

  107. Haiyuan Wu, Qian Chen, and Toshikazu Wada. Homography from Conic Intersection: Camera Calibration based on Arbitrary Circular Patterns. In IPSJ SIG Technical Reports, CVIM139-2, pp. 9--16, (2003).

  108. 呉海元, 和田俊和, 萩原庸二. ロボットのボディを利用したカメラキャリブレーション. 情報処理学会研究報告, 情処研報, CVIM136-10, pp. 67--74, (2003).




■その他

トップへ

  1. 和田俊和. NNIPF:送信元 IPアドレスの最近傍識別を行うスパムフィルタ. イノベーション・ジャパン2007 大学見本市, (2007).

  2. 和歌山大学システム工学部和田研究室. Air Papyrus: 能動ステレオカメラを用いた 3 次元空間描画. イノベーション・ジャパン2007 Microsoft Innovation Showcase, (2007).

  3. 古川亮(広島市立大学), 加藤丈和(和歌山大学), 川崎洋(埼玉大学), 三田雄志(東芝), 宮崎大輔(東京大学), 中澤篤志(大阪大学), 佐藤智和(奈良先端科学技術大学院大学), 菅谷保之(岡山大学), 内海章(ATR), 杉本晃宏(国立情報学研究所), 佐藤洋一(東京大学), 和田俊和(和歌山大学). 第10回コンピュータビジョン国際会議ICCV2005報告. 情報処理学会 研究報告 CVIM153-65, No. 25, pp. 421--430, (2006).

  4. 中村恭之, 和田俊和. データ空間の再帰的分割に基づく非線形写像学習−回帰木の今昔−. 情報処理学会誌, (2005).






連絡先:

〒640-8510 和歌山市栄谷930番地 和歌山大学 システム工学部 A603 
TEL&FAX: 073-457-8096

copyright (c) 2007 VRL - Vision & Robotics Laboratory - All Rights Reserved.